Asilsfida北海道AFC(アシルスフィーダ北海道 Amputee Football Club)は札幌市を中心に活動する
北海道初のアンプティサッカーチームです。

アシルとは、アイヌの言葉で“新しい” スフィーダとは、イタリア語で挑戦を意味しています。

アンプティサッカーとは
下肢障害者はフィールドプレーヤーです。ロフストランドクラッチという松葉杖を使ってプレーします。
上肢障害者はゴールキーパーです。共に健側の一上肢・一下肢のみを使ってプレーする障害者スポーツです。

アンプティサッカーにチャレンジしてみたい方へ(手足の切断障害・麻痺)
見学、練習参加大歓迎です! 興味を持ったあなたのご連絡をお待ちしております!



 



Copyright (C) 2014 アシルスフィーダ北海道AFC. All Rights Reserved

inserted by FC2 system